hanna_and_art’s blog

文化史本好きが、「文化史系本のガイド」を目指します。美術、世界史と絡んだ様々な文化史関連本をご紹介します。

キャサリン・ハワード? ホルバインの細密肖像画(ミニアチュール / ミニアテュア)

ホルバインによる細密肖像画

アンティーク好きの方なら、「miniature ミニアチュール」というフランス語の方でお分かりになるのではないかと思います。

現在、「ミニチュア」という言葉は日常的に日本語のなかに使われていますが、小型絵画を「miniature」と呼ぶようになったのは17世紀からなのだそうです。

高橋裕子氏の著書『イギリス美術』(岩波新書)ではその語源に触れています。中世の写本装飾から、エリザベス1世の細密肖像画で有名なニコラス・ヒリアード(1547-1619)に至る話も面白いので、ご興味のある方は是非お読みになってください。 

 

かつてホルバイン作とされていた肖像画の中に、現在は追従者に帰せられているものが少なからずあることは、同時代におけるホルバインの影響力の強さをうかがわせる。しかし、彼の死後、16世紀後半のイギリス絵画は、ホルバインの作風の二つの特性、つまり冷徹な写実性と重厚な記念碑性のどちらとも異なった性格を強める。瀟洒(しょうしゃ)な細密肖像画(ミニアテュア)が全盛をきわめるのである。が、意外なことに、その展開を準備したのもホルバイン自身だった。

彼はヘンリー8世の宮廷に仕えていたフランドル出身の細密画家から技術を学び、板に油彩の大規模な肖像画を手がけるかたわら、直径数センチの子牛皮紙(ヴェラム)の円形画面に水彩でモデルの胸像を描く、細密肖像画の制作にものりだしていたのである。

(『イギリス美術』 P45)

 

 南ドイツのアウクスブルク生まれのハンス・ホルバイン(子)(1497年又は1498年ー1543年)は、イングランドヘンリー8世の宮廷画家として活躍しました。

ヘンリー8世を始め、『デンマークのクリスティーナ』や『アンナ・フォン・クレーフェの肖像』(英語名アン・オブ・クレーブス)、『エラスムス』『トマス・モア』など多くの肖像画を遺しています。

 

ハンス・ホルバインに関連する記事

hanna-and-art.hatenablog.com

 

「ヴェラム(vellum)」とは、子牛などの皮をなめして作った上質な「皮紙」のことです。現在は主に表紙の材料として使われますが、昔は写本の用紙としても用いられました。

 

f:id:hanna_and_art:20191014232805j:plain

アン・オブ・クレーヴズ 1539年 ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館蔵

アン・オブ・クレーヴズ、ドイツ語名をアンナ・フォン・クレーフェというこの女性はヘンリー8世の4番目のお妃となった人物です。この直径は4.6センチほど。ロイヤル・ブルーを背景に描かれています。

ルーヴル美術館にある彼女の「お見合い肖像画」と、恐らく同時期に制作されたようです。 

f:id:hanna_and_art:20191015005358j:plain

1539年頃 ルーヴル美術館

 

hanna-and-art.hatenablog.com

 

f:id:hanna_and_art:20200221191437j:plain

ミニチュアボックス 1539年

ミニチュアボックス_ The_Arty_Facts _CC-BY-SA-2.5
 

 

f:id:hanna_and_art:20191015000902j:plain

第2代サフォーク公爵ヘンリー・ブランドン(1535ー1551)

www.rct.uk

ヘンリー・ブランドンの父はチャールズ・ブランドン (初代サフォーク公爵)、母はキャサリン・ウィロビー。この細密肖像画は1541年頃のもので、ロイヤル・コレクションの所蔵です。大きさは、やはり6センチ以下。

ヘンリー8世の友人でもあったチャールズ・ブランドンと、前妻のイングランド王女メアリー・テューダー(マリー・ダングルテール)は、「9日間女王」ジェーン・グレイの祖父母に当たります。

 

hanna-and-art.hatenablog.com

 

 

キャサリン・ハワード? 

ホルバインの細密肖像画に、「キャサリン・ハワードではないか」と言われている若い女性の肖像があります。

 

キャサリン・ハワード ホルバイン ネックレス

キャサリン・ハワードとされている女性の肖像 1540~1541年頃

 

ロイヤル・コレクション所蔵のこの肖像細密画も直径5~6㎝ほどです。 

www.rct.uk

 

モデルの女性は、ヘンリー8世の5番目の妃・キャサリン・ハワード(1521年?ー1542年2月13日)だと言われています。

キャサリンはアン・オブ・クレーヴズの侍女のひとりでしたが、その性的魅力がヘンリー8世の目に留まり、結婚。彼に溺愛されますが、姦通の罪で斬首。

今でもハンプトン・コート宮殿の廊下には、助けを求める彼女の幽霊が出るそうです。

彼女には「これがキャサリン・ハワードだ」と断言できる肖像画は無いとされてきましたが、近年、歴史学者の方が彼女が着けているネックレスから、この肖像画は“キャサリン・ハワードである”と確認したとのことです。

大変よく似たネックレスを、他の王妃も着けています。

 

ヘンリー8世妃ジェーン・シーモア ネックレス

ヘンリー8世ジェーン・シーモア(1508年ー1537年10月24日)

 

この女性はジェーン・シーモアヘンリー8世の3番目の妃です。

二人の首に輝く、豪華なネックレスにご注目ください。

 

 

元になった「ハンナとゲミュートリッヒカイト」内の記事

"I die a queen." キャサリン・ハワード

主な参考図書

本文内の画像はwikipedia(public domain)のものを使用しています。